きもの暦

お着物 大好き♪ 四季折々楽しんでいます。

プロフィール

sachiko

Author:sachiko
徒然なるままに・・・

母の想い受け止めて
四季の着物の楽しみ記します

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

月別アーカイブ

中置

十月に入ると火気が恋しくなる季節・・・
お客様の方へ風炉を近づけ 水指を勝手付けの方へ遠ざける心づくしの扱いです


中置点前の時のお道具は詫びた趣向•••
風炉も破風炉(やつれ)とか藁灰を置いたり致しますが
土風炉に灰型整えて 藁灰置くのは お稽古では拝見していましたが
自分では焼き藁を作ったこと無いのですぅ

梅鉢では侘びた風情にかけますが  細水指 茶碗や棗で設えてみましょ

cya-nakaoki


中置薄茶点前

茶道口建付けに水指を置き 襖を開け主客総礼
水指を両手で持ち出し 風炉敷板左前脇ななめに座り水指を置き水屋に下がる
棗、茶碗を運び出し 常の水指前に置く時と同じ位置に置き合わせ水屋に下がる
建水を持ち出し 風炉正面に座る


柄杓構えて蓋置を取り 水指前に置き 柄杓を蓋置の上に引き 建水をすすめ 居前を正す

茶碗を三手(右、左、右)で扱い膝前向こうへ置く
右手で棗を取り茶碗と膝の間に置く
帛紗さばいて棗を清め 茶碗のあったところへ置く
帛紗をさばき直し茶杓を清め 棗の上に置く

茶筅を取り棗の右に置き合わせる
茶碗を右手で少し手前に引く
帛紗を左手の人差し指と中指ではさみ 柄杓構えて帛紗を右手に持ち替え 釜の蓋を帛紗で取り
蓋置の上にのせ 帛紗は建水の下座に置く

茶碗から茶巾を出し 釜の蓋の上に置く
茶碗に湯を入れ 柄杓を釜に預ける(置き柄杓)
茶筅通しし 茶筅を元に戻し 湯を建水に捨て 茶巾を取り茶碗を拭く
茶杓を取り お客さまにお菓子をすすめる


棗を左手で取り 右手の茶杓を握り込み 蓋を開け 蓋は右膝前に置く
茶杓を持ち直し茶をすくい入れ 棗の蓋を閉め 棗、茶杓を元の位置に戻す
水指の蓋を右、左と二手であける
湯を汲み茶碗に入れ 残りの湯を釜に戻し 切り柄杓にて釜に預ける

茶を点て 茶筅を戻し 茶碗正面を正し 右手で定座に出す

お客さまからの挨拶を受け 正客の一口で帛紗を腰につける


茶碗が返されると膝前に置き 湯を入れ置き柄杓
湯を建水に捨て この時お仕舞いの挨拶があれば 受け 茶碗を膝前におきお仕舞いの挨拶をする

取り柄杓にて水指の水を汲み 茶碗に入れ 引き柄杓にて釜に預ける
茶筅を取り 茶筅通し 茶筅を元に戻し水を建水にあける
茶碗を持ったまま茶巾を入れ 膝前に茶碗を置き 茶筅を茶碗に入れる
右手で茶杓を取り 左手で建水を下げる

帛紗をさばき 茶杓を清め 茶碗に伏せ 帛紗を建水の上ではらって腰につける
棗を最初に置き合わせた位置におき 茶碗を三手(右、左、右)で棗の左へ置き合わせる

取り柄杓で 釜に水を1杓さし 柄杓構えて釜の蓋 柄杓は蓋置に引く
水指の蓋を左、右の2手で閉める
正客より棗、茶杓の拝見のご挨拶


受けて 茶杓を建水にたたみ 蓋置を建水下座に置く
茶碗を三手で勝って付けに割り付ける
棗を左手にのせ 客付斜めに回り 膝前に置く
帛紗をさばき棗清め正面を正し 定座にだし 帛紗さばき腰につけ居前に戻る
茶杓を取り左手に持たせ 客付き斜めに回り右手で棗の下座にだす

居前にもどり柄杓 蓋置を右手に持たせ ひと膝勝手付きに向かい 右手で建水を持ち水屋に下がる
居前に進み座り 茶碗を持って下がる
水差しを取りに出て 水差しの方へ体を向けて座り 両手で持って水屋に下がる

拝見物が戻ると 茶道口に座り 道具正面に進み、座り お客さまの問いに答える
( お棗のお塗り、作者名 茶杓の作者、銘など)
棗、茶杓を持ち 茶道口にに下がり座り 建付に茶杓、棗と置き 主客総礼し 襖を閉める




comments(2)|trackback(-)| 茶~♪|2014-10-09_21:22|page top

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます(^^)
v-22鍵コメさま
おはようございます

はい♪ がっくりすることや 誰かさんから注意された時
ちょっとめげている時 お茶を点てている間に心落ち着き
「あ」のつくもの頂くと 元気が出てきます

写真を撮っていると お花と会話、食物とも美味しそうね〜
などと楽しくなってきます
このお道具組も 合うかしら〜? お気に召さないタイプありますか?
などと茶碗や棗と会話(笑)



週末 台風・・・ どうぞお気をつけてお過ごしくださいませ
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます