きもの暦

お着物 大好き♪ 四季折々楽しんでいます。

プロフィール

sachiko

Author:sachiko
徒然なるままに・・・

母の想い受け止めて
四季の着物の楽しみ記します

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

月別アーカイブ

七五三も前撮り・・・

成人式のお振袖姿だけではなく 昨今は七五三も前撮りとか・・・

sansaiiwaigi



春から「にしお」さんにご相談し 楽しみながら揃えた一揃い

お被布は白地で・・・ そこから始まり
宝尽くしの背守り日本刺繍でお願いし お着物は・・・ 長襦袢は・・・
帯はお着物生地で半幅サイズ
 半襟  髪飾り お草履と楽しいひと時過ごしました

長年 七五三の時期 成人式の時期 羨ましく眺めておりましたが 念願かない楽しませてもらいました(*^_^*)

母が元気でしたら 曾孫でやっと女の子・・・
我が息子達に 三歳・五歳と仙台平の袴に黒紋付き誂た母
お着物大好き凝り性の母のことですから どんなことになっていたか(笑)

 お嫁ちゃん 孫ひめちゃんたちにも 母のお着物大好きDNA伝わりますように・・・


実家お玄関前で myson-shichigosan
「足袋 履かない!」ときかない次男 素足で草履(笑)


comments(9)|trackback(-)||2014-09-26_22:46|page top

コメントの投稿

非公開コメント

来年は・・・(^_-)-☆
v-22朋百香さま
 うふふ・・・ 朋百香さんの〇子ちゃんも来年は皆さまトロトロですわe-266

 きっとあちらの曾祖母ちゃまが楽しみにいろいろ考えていらっしゃるのでは・・・
 我が家も私の母が元気でしたらと思いますもの(*^_^*)

 お着替え用のお着物も作ってしまいました
 お正月に皆揃ってお着物で家族写真  息子も着ようかなと言っているそうです
 これも〇〇子効果でしょうか(笑) 
No title
sachikoさま
あらん、いや〜ん、可愛過ぎぃ〜!
皆様のお顔がトロトロだったこと、容易に想像つきます。
普通は赤くしちゃうお被布、白地になさるとは流石です〜❤
もう3歳なのですね、早いものですねぇ。
ヘアスタイルはどなたが決めたのかしら? もう、超超超かわゆい。
楽しみいろいろ(^^)
v-22香子さま
ありがとうございます

おお甘のちゃまでございます(笑)

ここのところまめに預かることが有りまして
昨日初めて叱りました
注意することはありましたが
これはダメ! と言うことはキチンと叱るべきと思いまして・・・

ママお迎えの時 かくかくしかじかで叱りましたと報告

ちゃま にも叱られると 00子ちゃん 認識したようです
No title
おめでとうございます〜♪
ふふ、孫姫ちゃんはやはりお楽しみですねえ i-236
誂える楽しみ、飾ってあげる楽しみ…ばぁばならではですね。
ヘアがまたカワイイのなんの!
ありがとうございます(*^_^*)
v-22ももの母さま
  うふふ・・・来年は お楽しみが増えますね~♪

  男の子・女の子 いずれにせよ母体共々元気に・・・と祈るばかり
  もも母さん メロメロになりますよん
おめでとうございます・・・
可愛らしく上品な一揃い、お孫様の雰囲気にぴったりですねv-344
sachikoさんのお気持ちが形になり、そして代々受け継がれて行くのは間違いありません。  
私もこちらで色々予習をば・・・v-356v-356v-356
おはようございます♪
v-22絵美さま
 小さくてもすでに女子力・表現力ありますぅ~(笑)
 
 最近の写真スタジオの演出の上手なこと
 女性カメラマン・アシスタント 細やかな気配りと
 子供が飽きないよう上手ですね~
 さすがプロ

 その横で邪魔にならないよう「ちゃまカメラマン」楽しみました(^_-)-☆


v-22セージグリーンさま
ありがとうございます 
来月三人目の孫誕生 女の子とのことなので
 この三歳祝着 三回活躍予定 嬉しいかぎりです
 
  お着物に慣れるよう 折々に纏えるよう普段着お着物作りましょ(*^_^*)
  次々楽しみ 見つけています
  
おめでとうございます!
何と愛らしい孫姫様、、、淡い色調の一揃いが姫様の肌色や表情を引き立てますね。
sachikoさまがあれこれ心を配りながらお揃えになるところを想像して、
微笑んでしまいます。
どんな素敵なお嬢様に成長なさることか、、、楽しみです。
No title
まあ! なんて可愛らしいことでしょう。小さな子といっても、立ち姿、仕草がすでに女の子らしくて、下の写真の男の子たちとはやっぱり、違うものですねぇ。
ふんわりとしたマシュマロのような白×ピンクが上品で、さすがにしおさんとsachikoさんのコラボ☆ きっといくつになっても、思い出深い一揃いになることでしょう。